担当者のブログ

2013年6月

2013年6月の記事一覧です。

鹿児島県農業法人協会第17回定例総会・春季農業法人トップセミナー

平成25年5月15日(水)に鹿児島サンロイヤルホテルで総会とセミナーを開催し、総数195名の方々にご参加いただきました。

image001.jpgのサムネール画像
会場の様子

例年、総会にあわせ、春季農業法人経営トップセミナーを開催しておりますが、昨年度、輸出の研修が実施できておらず、会員の皆様より「是非、輸出の勉強をしたい!現地のことを知りたい!」などの声があがっておりましたので、今年度、ジェトロ鹿児島様との共催で「農産物輸出・6次産業化推進セミナー」に取り組みました。輸出と6次産業化の部門で活躍していらっしゃる講師2名をお招きし、現状や今後の取り組みなどの研修に156名が参加されました。

まず、福岡農産物通商(株) 代表取締役 坂井 紳一郎 様より、東アジアの国別に関する特徴や輸出金額、今後の課題などお話しいただきました。

image002.jpg
福岡農産物通商(株) 
坂井 紳一郎 代表取締役

image003.jpgのサムネール画像
会場の様子

原発事故や領土問題などが起こっている中、地域ごとの戦略されるプロモーションや、日本の農水産物の供給時間が短い課題点をクリアするためには、オールジャパンで取り組み、海外市場ネットワークを拡げていこうとアドバイスいただきました。

国により、輸出が規制されている都道府県や品目、検査報告書の提出など、定められていることは細かくありますが、販路拡大をひろげ、海外進出を実際に行っている、考えている農業法人は少なくありません。例えば、東京23区を上回るGDPを持つシンガポールは、日本食への理解は深く、食品規制もほとんどない様です、東日本大震災の影響も少なく、現在の輸出額は145億円を誇っています。その他にも、香港や中国、タイ、台湾など現地の情報を詳しくご講話いただきました。

次に、(株)サラダボウル 代表取締役 田中 進 様より、農業のビジネスチャンスをつかみ、ネガティブな「足かせ」をポジティブな戦略に変え、取り組んでいる事例をお話しいただきました。

image004.jpg
(株)サラダボウル 
田中 進 代表取締役

image005.jpg
 講演の様子 

強い農業現場を構築するための「10のキー・ファクター」である、①マーケットイン ②生産工程管理・品質管理 ③コストマネジメント ④プライスメイキング ⑤見える化 ⑥人材育成 ⑦適正規模経営 ⑧事業ポートフォリオ ⑨情報管理システム ⑩高付加価値化をあげ、具体的な取組内容の紹介がありました。

その中の人材育成について、(株)サラダボウルには、農業の基本~経営を学びたいと1年間に約100~200名程の研修生が訪れ、田中社長自ら、生産現場から流通まで、情熱をもって徹底的に指導されていらっしゃる様子が伝わってきました。またプロダクトアウトではなく、お客様のニーズをしっかりとつかんだ「マーケットイン」。さらには、自らブランディングする「プロジェクトアウト」で、市場の求めている〝モノ″を探し、商品化に取り組んでいらっしゃいました。

参加者のほとんどは、輸出や6次産業化に取り組んでいる・考えている方々で、情報収集ができた研修会で、定期的に講演を聴きたいと好評な様子でした。その他、農業法人経営者以外の参加者の方々からも、農業以外の面でも、仕事の工程管理、人材育成、効率よい作業の流れなど大変勉強になったという意見もいただいております。

セミナー終了後は、鹿児島県農業法人協会第17回定例総会が行われ、岡本孝志((株)オキス 代表取締役)議長のもと、平成24年度事業実績や、①200会員確保②PR活動強化③経営発展に資する活動④地域社会への貢献⑤若き力の活用とチャレンジ支援を内容とする、第2次重点活動方針に基づいた3カ年計画を含む平成25年度事業計画、規約の変更などについて原案どおり承認いただきました。


image006.jpgのサムネール画像
鹿児島県農業法人協会 清水会長

image007.jpg
岡本議長、大役お疲れ様でした!
なお、本年度は、役員改選となっており、会長に(有)コセンファーム 代表取締役 古川 拡 氏、副会長に(農)ねじめ農園 代表理事 肥後 隆志 氏、(有)松原養鶏場 代表取締役 松原 勇一 氏、顧問に清水園芸(株) 代表取締役 清水 克己 氏が就任されました。
image008.jpgのサムネール画像
左から、松原副会長・古川会長・清水顧問
(肥後副会長 欠席のため不在)

(公社)日本農業法人協会 専務理事 菊池 潤 氏から来賓祝辞を賜りました。

image009.jpg
(公社)日本農業法人協会 
菊池専務理事
懇親会には、鹿児島県 伊藤 祐一郎知事にもご臨席賜り、祝辞を頂戴いたしました。
image010.jpg
鹿児島県 伊藤知事
新会長に就任された古川会長からも、当協会の今後の発展に向けたお言葉をいただきました。
image011.jpg
鹿児島県農業法人協会 古川会長
(株)日本政策金融公庫 鹿児島支店長兼農林水産事業統轄の三河 敬氏より、「清水前会長への6年間お疲れ様でしたと、古川会長へのよろしくお願いします」の気持ちをこめた乾杯をいただき、約120名参加者の懇親会となりました。
image012.jpg
(株)日本政策金融公庫 
三河支店長兼農林水産事業統轄
中締めでは、新副会長の松原様より、これから2年間、精一杯頑張りますと力強い挨拶をいただき、無事、盛大に閉会することができました。
image013.jpg
鹿児島県農業法人協会 
松原副会長

清水前会長、4年間、鹿児島県農業法人協会の会長としてのご活躍ありがとうございました。清水前会長へは、県内外への出張の他、主催の研修会へはもちろん、後援・共催などの研修会にも積極的に参画していただき、鹿児島県農業法人協会の取り組みは、4年間で飛躍的に変わってきました。

さて、平成25年度も、スタートしてもう2ヶ月が経とうとしております。本年度もめまぐるしく活躍できる鹿児島県農業法人協会となりますよう、事務局一同頑張っていきます。よろしくお願いいたします。