担当者のブログ

2015年4月

2015年4月の記事一覧です。

アグリフードEXPO2015大阪

平成27年2月19日(木)~20日(土)に開催されたアグリフードEXPO2015大阪に出展してきました。
回数を重ね、他県の出展社の方々との交流も増えてきました。

今回は、(有)コセンファーム、(株)さかうえ、(株)hishi、ヘンタ製茶(有)の4社が共同出展ブースに入り、商談に取り組みました。
会場は、アジア太平洋トレードセンターの大きなホールで、日本全国より476社の農業者、加工業者などが集いました。また併せて、シーフードトレードショーも開催され、水産加工業者も会場を賑わせました。

IMG_1268.jpg 27.2 (18).jpg
 会場の様子 会場の様子

鹿児島県から21社出展し、各社こだわりの加工品、野菜、お肉、果物、お茶など並びました。

今回、商談会自体初めてで、当協会ブースで出展した(株)hishiの菱田社長は、「商談会の会場をイメージしながら、事前に資料準備や展示物の作成を行いましたが、バイヤーさんが求める資料やディスプレイ用の備品の不足、隣の出展社との間の取り方、配置方法など学ぶ点が多かった。今回学んだことを、次回の商談会では生かしていきたい」と、次回の出展に向けての想いを語ってくれました。

ちなみに、菱田社長は今回、事前に3つのものを準備していらっしゃいました。
1つ目は、年間の収穫作物をグラフ化したもの。2つ目は、自分たちの畑の特徴をメリット・デメリット化したもの。3つ目は、土。でした。どれも、大阪の会場にいながら、どこまでバイヤーさんに鹿児島にある自社のことを知ってもらえるか、興味をもってもらえるか、考えて作成・準備されたものでした。
商談会終了後は、気になった業者さんへ早速連絡し、その翌週には、農場を見るために鹿児島へ来ていただき、既に取引も開始されました。
菱田社長は、「行ってみないと分からないというのが身にしみて分かり、今回をきっかけに自分の中で価値観や感覚に変化があった。大変勉強になり、大満足の2日間だった」と、初出展でたくさんのことを収穫されたようでした。

27.2 (20).jpg 27.2 (16).jpg
 (株)hishiブース 丁寧かつ熱心な菱田社長!

ヘンタ製茶(有)では、社長の姿が恒例ですが、今回は息子さんの辰典さんが1人で商談に臨みました。「数回、社長と一緒に商談会やコンクールには出ていましたが、1人では、ほぼ初めてです」と少し緊張気味でしたが、いざ商談会が始まると、その様子は全くなく、一生懸命お茶の説明、試飲の提供など行っていました。

JR九州の豪華列車「ななつ星」で扱われている商品を使用したお菓子や、手軽にお茶を飲める商品の商談に取りくみました。
「ななつ星御用達」が1つのブランドとなり、興味を持つ方々も多かったです。

27.2 (21).jpg 27.2 (3).jpg
 ヘンタ製茶(有)ブース 目の止まる展示でした!

 (有)コセンファームの古川社長と奥様のお2人は、「今回、バイヤーさんだけではなく、当協会会員や他の出展社の方々と交流ができて良かったです」と、今後も県内外の商談会へ出展を重ね、更に目に止まるディスプレイや資料の準備など取り組む様子でした。

27.2 (30).jpg 27.2 (28).jpg
 (有)コセンファームブース 試食用のお漬物

(有)コセンファームでは、今回、試作品のにんじんジャムをたくさんの方に試食してもらい、商品開発に向けてのニーズ把握にも取り組みました。
「にんじん嫌いな子供さんにも召し上がっていただけるよう、甘めに作りました」と奥様の想いが詰まっている商品です。
「試食していただいた方々からの「おいしい」の声で自信を持てたことと、「量が多いと思う」という意見を課題とし、また考え直します」と奥様の新商品開発はまた一歩進みました。

27.2 (8).jpg
 新商品開発中!!

(株)さかうえでは、大隅地域特徴の野菜を大きな籠にディスプレイしました。
会場内、加工品が多い中、新鮮で元気な野菜は、目に止まり、「○○を必要としている」「立派な野菜だね~」「○○を作ってほしい」など具体的な内容が多かったようです。
日常、畑で野菜を作り、このような商談会等にも参加している世良田さんは、来られたバイヤーさんに向け、会社として取り組んでいること、農薬の使用状況、可能な生産量などを伝え、励んでいらっしゃいました。

27.2 (1).jpg 27.2 (9).jpg
 (株)さかうえブース 新鮮野菜の展示

当協会会員も個別出展で、各社商談に励んでいました!

出展された会員は、(株)オキス、アネット(有)、(有)かごしま有機生産組合、(有)三清屋、南州農場(株)、(有)農業生産法人ノダ。
要望はあっても量に対応できなかったり、本格的な商談に向けて打ち合わせをしたり、さっそく見積もりとサンプルの発送準備をしたりと、皆さんお忙しそうでした。

個別出展の方々を一部紹介します。

27.2 (11).jpg 27.2 (14).jpg 27.2 (13).jpg
南州農場(株) (有)鹿児島有機生産組合/(有)三清屋 (有)農業生産法人ノダ

出展された皆様方は、準備から出展、その後の対応までお疲れ様でした。
2日間、立ちっぱなしは腰にも足にも疲労感がくると思いますが、頑張っただけの成果がでるものであって欲しいと思います。

例年、鹿児島県農業法人協会の恒例行事となってきている国内向けの県外商談会です。少しずつ輸出に向けた活動も積極的に取り組んでいきたいと考えております。
また、既にご案内しておりますが、アグリフードEXPO東京2015の開催が8月18日(火)~19日(水)です。
関東と関西の市場は全く違います。

当協会でも、共同出展社を募集し、支援をしていきますので、「商談会にまだ行ってたことのない方」「どのようなものか実際に見てみたい方」「1ブース借上げるにはスペースが広すぎるという方」は、是非、お問い合わせください。