担当者のブログ

H24.3.21 県工業倶楽部との交流会

 

平成24年3月21日は、県工業倶楽部食産業部会との6回目の交流会でした。

「当協会の会員の生産物と、加工、製造を行っている工業倶楽部食産業部会がお互いの経営資源を持ち寄って、新しい商品やサービスを創り出そう」という農商工連携の形を、鹿児島県農業法人協会と県工業倶楽部食産業部会で作りあげようと努めている交流会です。

DSCN2890.JPG交流会の様子


今回の交流会では、「インターネットを使った鹿児島の農産物及び、加工食品の販売について」(株)ぐるなび 法人部門 統括次長 鈴木 雅弘 氏を講師としてお招きし、ご講話いただきました。

(株)ぐるなびは、日本最大級の飲食店検索サイトです。

市場のマーケティング状況や、関東地区飲食店が今、どのような点にこだわり、経営をしているかなどお話いただきました。
鈴木様は「デフレだからと言って、安売りに走る飲食店が多いが、少々高くても、食材にこだわりしっかりアピールする飲食店がうまくいく。皆さまも、自分の商品の良さを的確に伝え、写真や告知などの技術を磨き、販売促進に頑張ってほしい」とお話されていました。

会員紹介では、「鹿児島県産品の輸出について」「工業倶楽部・貿易部会について」弓場貿易(株) 代表取締役 弓場 秋信 氏、「鹿児島県の農業用水について」大協 (株) 代表取締役  横山 勝一氏、「湿潤オーストリッチオールインワンジェル」(株)フクダ 取締役 福田 成子氏、「ホームページの紹介」MINE 石岡 美奈子氏が事例紹介を行いました。各社、会社の取り組みや、商品開発までの経緯などお話いただきました。

今回の参加者は、53名で、当協会より30名ご参加いただきました。
当協会会長の清水園芸(株)清水 克己氏をはじめ、(有)高松ポートリー、(有)鶴の郷ファーム、(有)ひまわり農苑、(有)堀之内水産、(農)根占生産組合、(株)三木屋、佐川急便(株)、鹿児島青果(株)、藤崎商事(株)、(株)シンコ-フォークリフト、(株)サガシキ、MINEの方々でした。
最近、賛助会員としての加入が増えていることもあり、賛助会員の参加者が多かったです。

県内の異業種交流会は、「新しいひらめき」を生みだすことがあります。
他産業の方々との連携から新しい製品や商品、サービスなどを生みだし、皆様の経営発展のためにも、鹿児島県の地域活性化のためにも、積極的に取り組んでいただきたいと思っております。

当協会も、お手伝いさせていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。