担当者のブログ

九州・沖縄農業未来アワード@くまもと

いつも大変お世話になっております。

鹿児島県農業法人協会事務局の山野です!

 

11月15日(水)~16日(木)に熊本県で「九州・沖縄農業未来アワード@くまもと」が開催され、鹿児島県より16名参加してきました。

()コセンファーム

()勝目製茶園

()さかうえ

・南州農場()

()サンフィールズ

()hishi

・石原バイオサイエンス()

()栄電社

・農林中央金庫

・平城商事()

・マルイファーム()

・事務局

 

<日程表>

〇11月15日(水)

第1部 オープニング

(1)開会・主催者挨拶

(2)来賓挨拶

第2部 熊本タイム

(1)維新会紹介及び震災講話

第3部 アワード

(1)各県代表者プレゼン

第4部 交流会

〇11月16日(木)

第5部 視察:県下3コース

 

熊本の若手会員(維新会会員)が中心に企画し、これまでとは大きく異なったシンポジウムになりました。一つひとつに若手のパワーを感じることができた2日間でした。

 

<維新会紹介及び震災講話>

維新会会長 ()内田農場 代表取締役 内田 智也 氏

アワード1.jpg

 

・維新会の組織紹介

・1~2ヶ月に1回集まり研修を実施

・企業や行政と連携した活動内容の紹介(()モンベルとTシャツ作成など)

・熊本地震の後に全員で安否確認を行い、集合した話

などについてお話されました。

 

<アワード>

〇各県代表者プレゼン

①熊本県  ()カワカミ      川上 一歩氏

②鹿児島県 ()hishi 菱田 智昭氏

③宮崎県  ()協同ファーム    日高 義暢氏

④大分県  シセイ・アグリ() 衛藤 勲氏

⑤福岡県  加茂グリーンファーム  加茂 正彦氏

⑥佐賀県  フェルマ木須      木須 栄作氏

⑦長崎県  ()長有研       近藤 慎二氏

⑧沖縄県  ()もとぶ牧場     坂口 大河氏

 

アワード2.jpgアワード3.jpg

アワード4.jpgアワード5.jpg

アワード6.jpgアワード7.jpg

アワード8.jpgアワード9.jpg

 

参加者の投票を踏まえ結果発表・講評・表彰式が行われました!

審査員3名:九州農政局 局次長 百崎 賢之 氏

熊本県   副知事 小野 泰輔 氏

(公社)日本農業法人協会 理事 青山 浩子 氏

・グランプリ  宮崎県 ()協同ファーム

・準グランプリ 熊本県 ()カワカミ

・地域活性化賞 大分県 シセイ・アグリ()

 

アワード10.jpgアワード11.jpg

 

<熊本トピック(農家ハンター活動発表)>

維新会会員 ()宮川洋蘭 専務取締役 宮川 将人氏

 

アワード12.jpgあわーど13.jpg

 

みかんを生産されている農家の方がイノシシの被害に遭い、「もう、農業を続けられない」という言葉を聞き、イノシシ対策で何ができるのか考え立ち上がった。

イノシシの被害にあった他の農家へ話を聞きに行き、「音・光・電気など世間に出回っているイノシシ対策を行ったが何も効果が無かった」ことを知る。

イノシシ対策の研修会を開催したところ80名が立ち上がり、問題意識の高さを実感した。

「農家ハンター」として80名で狩猟免許の取得や、企業・行政と連携しIOTなどを使用して檻でイノシシを捕獲している。

捕獲したイノシシはジビエ料理に。そこは農家として生き物の命を無駄にはできないので食するところまで行っている。

その他、イノシシに関するデータの説明(イノシシは何匹出産するか、イノシシの被害額は九州各県でどの程度なのかなど)

 

<交流会>

各県の代表者が腕相撲で戦うなど新しい試みがありました!

“農腕GP~大腕相撲大会 九州場所~”

 

あわーど14.jpgアワード15.jpg

アワード16.jpgアワード17.jpg

 

今回の参加対象者が、原則45歳以下ということもあり、今までのシンポジウムより若い農業者の参加が多く感じ、会場内では熱く語りあっている場面が見られました。

 

交流会の後は、各県の若手が集まり2次会へ!

 

アワード18.jpg

 

<視察:県下3コース>

2日目は各コースに分かれて現地視察に行きました!今回は、Cコースに参加してきたので紹介します。

 

Aコース:『阿蘇支援コース』~熊本地震を乗り越えて~

木之内農園、阿蘇健康農園など

Bコース:『益城町支援コース』~熊本地震を乗り越えて~

果実堂、高司農園など

Cコース:『農家ハンターコース』~イノシシ被害から地域と畑を守りたい!~

宮川洋蘭、サン・ファームなど

 

〇宮川洋蘭では、宮川将人氏が対応。(洋蘭)

 

アワード19.jpgアワード20.jpg

 

Webショップを運営しており、会社全体の6割の売上を占ています。

大きな蘭だけでなく、購入者が蘭を育てられるような商品など取り扱っています。

 

アワード21.jpgアワード22.jpg

アワード23.jpgアワード24.jpg

 

農家ハンターについて1日目の講演より更に詳しく紹介。

防犯カメラや檻に設置しているIOT機材など企業と連携し、最新技術を駆使しています。スマートフォンで映像は農家ハンター全員に共有されています。イノシシに詳しい茨城の大学教授とも映像を共有しており、随時アドバイスをもらっています。イノシシを捕まえた報奨金で檻の設置を増加していく予定!

熊本県の若手会「維新会」メンバーの一人でもある宮川さんは、イノシシ被害と対策について熱く語ってくれました。「農家ハンター」の取り組みを、まずは九州に広げて、最終的には全国で取り組むようになっていきたい!と目標を掲げています。

 

〇株)サン・ファームでは、八幡 紀雄氏が対応。(採卵鶏)

 

アワード25.jpgアワード26.jpg

アワード27.jpgアワード28.jpg

アワード29.jpgアワード30.jpg

アワード31.jpgアワード32.jpg

 

熊本地震での被害状況、復旧作業の紹介。

6次産業化として、自社でカフェ、お菓子屋を営んでいます。

1年間シェフのもとで修行をされ、お店を開店。現在は社員と月1回の勉強会を行い技術の安定化を図っています。

様々な商品開発をされ、輸出用に冷凍商品を開発したりと販売促進・販路拡大へ積極的に取り組まれています。

 

 

最初から最後まで若い力を感じるシンポジウムでした!鹿児島県が担当するのは平成31年度になります!前回の長崎県、今回の熊本県のことを踏まえ鹿児島県らしい内容にしていきたいな!と思っています(*^_^*)

 

ちなみに、鹿児島県の若手会員を中心に企画・運営している農業法人ファーマーズマーケットですが、12月2日(土)~3日(日)に開催しました!

天候にも恵まれ、大盛況で終わることができました。詳しいことは、担当者ブログでご紹介します。

 

アワード33.jpg