担当者のブログ

今月の農業法人:村商(株)

いつも大変お世話になっております。

鹿児島県農業法人協会事務局の担当の山野です。

 

今回は、肝属郡肝付町の【村商()をご紹介します。

 

代表取締役 新村 順一郎さんにお話しを伺いました。

最初から最後まで牛への愛情と、社員への愛情にあふれたお話を聞くことができました。

 

村商()は、平成19年7月に法人化。今年で10周年!!

法人化したきっかけは、社長が20代の時に「飲食店をしたい」という思いがあり法人化と同時に“新村畜産精肉店”を開店させました。

設立当初は、先代より牛16頭を引き継いでのスタートで、現在は200頭まで増やしており、来年には牛舎を新設し1,000頭規模まで拡大されます。

社員は総勢47名(正社員22名、パート・アルバイト20名、事務員5名)が、普段の業務に励んでおられます。

 

牛舎を見学させてもらいました。

 

村商1.jpg村商2.jpg村商3.jpg村商4.jpg村商5.jpg村商6.jpg 

 

人懐っこい牛さんばかりで、とても可愛かったです。

 

9月に生まれたばかりの子牛と母牛!

母牛に警戒され、威嚇されてしまいました・・・(´・ω・`)

 

村商7.jpg 

 

 

そこに!!牧場長が登場!!

 

村商8.jpg 

 

 

さすがです!母牛は警戒をとき、子牛と一緒に牧場長に近づいてきました。

 

牛さんをよく見ると耳標に名前が!!

全部の牛さんに名前をつけているそうです。

ちなみに、この牛さんは「あかり3」ちゃん。色々な表情を見せてくれました。

 

村商9.jpg村商10.jpg

 

 

牛さんたちは、とってもリラックスしているように感じました。

 

村商11.jpg 

 

 

生産から肥育までの一貫経営をしており、粗飼料についても自社の堆肥で米・牧草を生産し、その牧草で牛さんを育てる循環型の経営を努められています。

特に牧草は自社分を80%使用しており、「良いお肉より、おいしいお肉を作りたい!」という思いで、うまみ成分をいれた独自の飼料を作られています。

国見山系の恩恵をうけた“水(地下水)”、研究を重ねた独自の“牧草”、“寝床”を用意し、日々愛情を注ぎながら大切に育てています。

「手で触れて、心で察して、これからも愛情をかけて育てる」ことを心がけていらっしゃいます。

 

次は、生肉店・焼き肉店を見学してきました。

 

村商12.jpg村商13.jpg村商14.jpg村商15.jpg 

 

店舗の裏では、

 

村商16.jpg村商17.jpg村商18.jpg村商19.jpg 

 

 

社員の方々がカットなどの仕事をされていました。店舗の所在地である肝付町や都城市のふるさと納税の返礼品としても大人気です!

そんな忙しい中、一番人気の商品を教えていただきました(*^o^*)

 

村商20.jpg村商21.jpg 

 

「焼き肉用の牛肉・豚肉・鶏肉の詰め合わせ」です!

3種の詰め合わせで便利!これを購入してそのままバーベキューへ直行するのもいいですね。

 

こちらは焼き肉店!

 

村商22.jpg村商23.jpg村商24.jpg村商25.jpg 

 

 

充実した品揃えのサラダバーにも圧倒されました。

 

村商26.jpg村商27.jpg 

 

サラダバーで提供している、ミニトマトや、メニューの付け合わせで提供しているレンコンなどは、(公社)日本農業法人協会の研修会で出会った農家さんより仕入れています。

社長は、当協会の研修会にも積極的に参加していただき、知人に当協会への加入を勧めていただくなど、いつもご支援いただいております。

 

そんな社長の気遣いを焼き肉店でも発見!

 

村商28.jpg村商29.jpg 

 

 

子供用の椅子や、お菓子が準備されていました。

一般的な飲食店では、おすわり期を過ぎた幼児でないと利用できない椅子しかありませんがが、こちらは、ねんね期の赤ちゃんから2歳ぐらいまで利用できる椅子です!

焼き肉食べてパワーをつけたいお母様方も来店しやすい気遣い!

 

焼き肉店は、1店舗で年間3万5千人の集客!

この集客力があるからこそ、牧場の牛を増やし原価率を下げ、また、来店していただくお客様に還元していきます。

 

最後は事務所に伺いました。

 

村商30.jpg村商31.jpg 

 

雰囲気のある素敵な事務所ですが、こちらは社長がコーディネートされています。隠れた才能を発見!

 

事務所内には、ホワイトボードの活用や、会社理念・目標など社長の考え方を社員で共有できる工夫がされていました。

 

村商32.jpg村商33.jpg村商34.jpg 

 

 

 

設立当初は、横着な経営をしていた時期があり、2~3年間ぐらい苦しい思いもされ、経理を重視するようになったそうです。

「一歩踏み出して勉強することで、いろいろな方とも出会いがあり、一番の近道になった」と当時を振り返ってくださいました。

 

来年の6月頃には、店舗でHACCAP、牧場でG-GAPを申請するため、今年の8月から専門家も交えて取得に向けて勉強されています。

6次産業化については「6次産業化をするつもりはなく、自分のやりたかったことをやっているだけ。それが、たまたま6次産業化と呼ばれている。補助金についても、補助金があるからするのではなく、やりたいことに合う補助金があればラッキー!かな」と語られました。

 

  村商36.jpg

 

社員育成の考え方の一つとして、それぞれの目線がある中で、仕事ができないと呼ばれる人は「目立っていないだけで、別の分野で活躍できる!」と思い、別の角度から見るようにしていらっしゃいます。

会社では、“一日30分みんなで何か一つのことを考える!!”を実行されており、仕事内容によっては、一人の担当者が集中してするのもいいかもしれないけど、5人、10人が集まって意見を出し合って決める方が一気に仕事も進み、決まった後に「こっちの方がいいのでは?」となることが無くなり効率的です。

 

牧場、生肉店、焼き肉店、事務所を見学しましたが、社員全員が笑顔で挨拶し、撮影にも協力していただけました。素敵な社員の方であふれています。

 

今回、取材して一番印象に残ったことは、会社理念です。

「幸せの時間を一人でも多くのみなさまへ

最も多くの人を喜ばせた者が

最も大きく栄えるものである

全ての人へ 感謝をエネルギーに!」

こちらは、普段から社長がされていることを社員一同で言葉を提案し、社員で作った理念です。

社長は、

「会社の利益は、今、会社で頑張ってくれている社員の待遇向上に活用したい」

「安さ、儲け、数字も大事だけど、人付き合いが何より大切だと考えているから、10年間同じ業者と取引を続けている」と、話されていらっしゃいます。

まさに!この理念は社長の人柄や取り組みが反映されています!

 

 

村商37.jpg 

 

 

他にも、“海外展開”として「将来的には外国人の技能実習生を受け入れ、今後、海外に作った牧場で社員として働いていけるように教育していきたい。」と、目標を語られました。

 

そんな新村社長の一番の想いは

「みんな幸せにする会社にしていきたい!」です。

 

知れば知るほど、好きになる村商()

まずは、おいしい焼き肉をめしあがってください。

 

〇本店

住所:鹿児島県肝属郡肝付町前田622-1

営業時間:【生肉専門店】9:00~19:00

【焼肉本舗】17:00~21:00

【ランチタイム】11:00~14:00

〇都城店

住所:宮崎県都城市吉尾町6129-1

営業時間:【生肉専門店】11:00~20:00

【焼肉本舗】11:00~22:00

ラストオーダー21:30

【ランチタイム】11:00~14:00

 

 

今後も、ますますの活躍が期待される、村商()(・・)♪♪

新村社長!社員の皆さん!

取材へのご協力ありがとうございました。