担当者のブログ

人材育成研修会(若手社員向け)

いつも大変お世話になっております。

鹿児島県農業法人協会事務局の山野です。

 

令和元年6月24日(月)に若手社員向けを対象とした人材育成研修会をTKPガーデンシティ鹿児島中央で開催し、34名の方々にご参加いただきました。

 

<主催者挨拶>

肥後 隆志会長より御挨拶

 

人材1j.jpg 

 

<研修>

演題:良好な人間関係をつくるための接遇&コミュニケーション

講師:白梅 英子氏(ル レーブ 代表)

 

人材2.jpg

 

 

今回は、若手社員(入社1年~5年目)、研修指導者を対象に開催しました。

なかなか、会社内で新入社員向けの研修をできない会員さんや、今後、雇用を予定している会員さんの社長・研修指導者の方に参加していただきました。

演習を中心とした研修のため、グループに分かれて受講です(*´艸`)

 

人材3.jpg

 

 

【社会人としての必要な3つの資質】

・プロ意識とは

・心と身体のセルフマネジメント

【ビジネスで必要なコミュニケーションスキル】

・仕事の仕方

・報連相より相連報

【自分もOK、相手もOKのコミュニケーションスタイル】

・接遇マナーの再確認

・まずは身近な人とのコミュニケーションが大事

 

最初の自己紹介の時は、初対面の方も多く参加者同士の会話も固さがありました。

人材4.jpg人材5.jpg

 

 

グループで話す機会や立ち上がって全員で挨拶・名刺交換の演習等を重ねるうちに、笑顔で会話が弾むようになりました !

 

 

 

人材6.jpg 人材7.jpg

 

 

R1人材8.jpgR1人材9.jpg

 

研修を通じて、参加者同士の交流ができたことは、今回の演題である「良好な人間関係をつくるための接遇&コミュニケーション」を習得できた!と感じました(*^o^*)

 

最後は研修で学んだことを踏まえ、行動計画「~をします!」(具体的に)をそれぞれ考え、グループ内で発表しました。

表情や体勢が研修開始の頃と比べ前のめりになりました~♪♪

 

 

人材10.jpg 

 

研修会に社員を2名派遣された(株)芝原の芝原りえさんからは、「1年目と3年目の社員がいて、研修が必要と思っていました。自社ではなかなか実施できないので、とても助かりました!」と喜んでいらっしゃいました。

 

研修したことは、受講後すぐは意識して実践しますが、時間がたつにつれ薄れてしまいます。継続できるようにお互いの行動計画を共有できたので、次に会った時は、「順調ですか?」と声をかけたいと思います!

 

生産現場を支える労働力不足は大きな課題となっています。研修を受講されたような若手社員が長く活躍できるように鹿児島県農業法人協会では様々な形で支援していきます。

農業法人の雇用環境づくりについて、8月1日(木)開催予定の「九州・沖縄地区農業補人シンポジウムinかごしま」では、分科会で農業ジャーナリストの青山浩子氏に講演いただきます。

ご興味のある方は鹿児島県農業法人協会事務局へお問い合わせください。