担当者のブログ

加入推進交流会(志布志会場)

いつも大変お世話になっております。

鹿児島県農業法人協会事務局の山野です。

令和2年2月26日(水)に加入推進交流会(志布志会場)を国民宿舎ボルベリアダグリで開催し、24名の方々にご参加いただきました。

<あいさつ>

坂上 隆副会長より本日の交流会の目的などご紹介いただきました。

R1志布志1.jpg

 

<自己紹介>

参加された方々に経営規模などを含め、簡単に自己紹介をしていただきました。

R1志布志2.jpgR1志布志3.jpg

 

R1志布志4.jpgR1志布志5.jpg

 

R1志布志6.jpgR1志布志7.jpg

 

R1志布志8.jpgR1志布志9.jpg 

 

R1志布志10.jpg

 

<鹿児島県農業法人協会の活動内容・魅力について>

事務局より、当協会の目的や組織概要、令和元年度の活動内容について紹介しました。

会員以外の方へは活動内容を知ってもらいたい!という目的もありますが、会員の方にも、会員サービスをしっかり発信することができました,.:+

坂上副会長より、会員視点の当協会の魅力などについて紹介いただきました。

大きく2点!

①交流が図れる!

同じ農家同士はもちろん、賛助会員等の異業種交流や事務局連絡会構成機関・団体等の関係者の方々からも有益な情報を得られます(*^o^*)

②政策提言を発信!

(公社)日本農業法人協会は毎年、会員からの意見を取りまとめ政策提言として国へ提出しています。現場の意見を発信する絶好のチャンスです。

他にも、会員の課題に対応した研修会等を実施しております。1年間を通じて、会員さんの経営発展ステージに応じた研修内容となっています。

研修の対象者も経営者向けのものから社員向けの内容等、多岐にわたります。

 

<質疑応答・意見交換>

会員の皆さんから、当協会に加入して実感したメリット等のお話や、会員以外の方が今、抱えている課題などについて意見交換を行いました! 

R1志布志12.jpgR1志布志13.jpg

 

参加者の皆さんの距離が少しずつ縮まってきました~!

 

<情報提供>

当協会の魅力の一つとして、情報発信があります。

事務局連絡会構成機関・団体には、下記9つの機関・団体がおり、それぞれの分野で農業法人向けの事業や支援活動を展開しています。

・鹿児島県農政部経営技術課
・鹿児島県農業協同組合中央会
・鹿児島県経済農業協同組合連合会
・鹿児島県信用農業協同組合連合会
・(公財)鹿児島県地域振興公社
()日本政策金融公庫
()鹿児島銀行
・(公社)鹿児島県農業・農村振興協会
・(一社)鹿児島県農業会議

今回は、鹿児島県から「農業おたすけselect情報」、(公財)鹿児島県地域振興公社から「農地バンク事業(農地中間管理事業)」、()日本政策金融公庫鹿児島支店から「スーパーL資金」や「トライアル輸出」支援、(公社)鹿児島県農業・農村振興協会から「鹿児島県農業労働力支援センター」等の事業についてご紹介いただきました。

 

<交流会>

ここからが本番です( ´艸`)

一緒にお酒を飲むことで仲が深まるという話を聞きますが、実感できる交流会でした。

R1志布志14.jpgR1志布志15.jpg

 

最初は、それぞれの席で食事を楽しんでいましたが、時間の経過とともに片方に集まって、会話が盛り上がりました。

とても楽しい時間を過ごすことができました,.:+

会員以外の方へ相手の経営や現状の課題を聞き取り、会員さんが、ご自身の経験をもとにしたお話を当協会の活動内容に触れつつお話されていました。

締めの挨拶は、参加者で一番若いはちみつ西垂水養蜂園()の西垂水 潤さんが行いました。

20歳ということで、先輩方の前に挨拶することに緊張されていましたが、堂々とお話されました!

周りも温かい雰囲気で見守っています。

R1志布志16.jpgR1志布志17.jpg

 

参加された会員以外の方から後日、「農業法人協会って6次産業化されている方が入会する組織だと勘違いしていました。入会して色々と学ばせていただきたいです」と連絡をいただきました。

協会の魅力や具体的な活動内容について理解を深めていただけるよう、そして、このような活動を必要としている方が加入され、経営を発展されることを願っています。

これからも周知活動も続けていきたいです。

ご興味のある方は鹿児島県農業法人協会事務局へお問い合わせください。